« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

281日目 ウガンダ人のお友達。

なんと!!私の任地クラチェ州(首都から北東へバスで7時間)

でウガンダ人が活動していた!!

彼女はVSOというNGOに所属していて、コレラやチフスの予防に努めている。

クラチェは特にコレラ感染者が多い。

まさか自分の任地でウガンダ人に会うなんて・・・すごく衝撃的だった。

彼女と出会ってから約1ヶ月。

時々一緒にごはん食べたり、話したり、こないだは一緒に首都から任地まで帰ってきた。

全然英語が話せない私の中学生レベルの英語にも耳を傾けてくれる。

ルガンダ語?も教えてくれるよ。

ウガンダに行ったことないけれど、私にとってはウガンダは特別な国。

彼女と一緒にいたり、話していたりすると、

ウガンダのことを少し感じることができる気がして。

彼女は6月には帰国してしまう・・・もう少し早く知り合いになりたかったな。

Dscf0291_2

Dscf4930

| | コメント (2) | トラックバック (0)

269日目 メコン川の中州?へ。

メコン川の中に、島?中州?(クラチェ州の一部)がある。

前から気になっていたけど、踏み出せずに・・・。

カンボジア人の友達(18歳:高校3年生)に誘われ急遽、行くことに!!

しかも誘うの当日の20分前だし、さすがカンボジア人。

Dscf4965

手前側から、反対側へ船で渡る。ひとり1000R(約25円)。

Dscf4974Dscf4996

雨季には見えなかった砂地も乾季にはこんなにも出てきている。この砂の上を歩くのが暑くて暑くて・・・。やっと陸へ到着。

Dscf0006 Dscf4977

散歩をしながら、汗だくで彼女の実家に行き(この島には小学校しかないので、中学校、高校への進学希望者は島から出て、州中心部へ通うor下宿している)、

フルーツのお土産をもらった♪オークン(ありがとう)♪

Dscf4987Dscf4979

ロホン(パパイヤ)とクナオ(ジャックフルーツ)。こんなおいしい果物を日本でも食べれたらいいのに~。

Dscf0014

これはメコン川 で水上生活をしているベトナム人。この島から見ることができる風景。

カンボジア人の友達とご飯を食べに行ったことはあっても、遊びに?行くのは今回がはじめて。こういう経験もなかなかいいもんだ。

Dscf0026   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

269日目 クメール料理教室。

幼稚園の同僚の先生にクメール料理を習ったときのおはなし。

普段は大家さんが教えてくれるんだけど、

今回はじっくり時間をかけて教えてもらった。

この先生は私が期待している先生のひとり。

Dscf4954

先生宅でcookingスタート。

今日のmenuは、スガオマレアッ(にがうりの肉詰め)。

Dscf4955_4Dscf4962_5 

にがうりの中に豚肉を刻み、刻み・・・つめる!!

はるさめ、ねぎ、にんにく、するめ・・・なども一緒に詰めるよ。

そして25分くらいゆでる。

できあがり。Dscf4963

けっこう苦味があったけど、おいしかったぁ。時間をかけて作るって楽しい!!

今度は自分一人でチャレンジ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

266日目 カンボジアからのおてがみ:プランピー(7)

「史上最高!?の暑さと戦い中。」

「mamikoblog7.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

265日目 おおかみがやってくる。

子どもたちはおおかみを見たことがないけれど、おおかみの存在を知っている。

日本のように絵本がないので、子どもたち自身の中でどんなイメージをもっているのかは疑問だが。

おおかみのまねをすると、喜ぶが「きゃぁ~」と言って逃げ回る。

日本と同じだな。あっ!でも日本はおばけのまねのほうが子どもたちは喜んでいた気がする。

カンボジアの子どもたちが好きな「おおかみ」をとりいれた集団遊びをすると、なかなか子どもたちの反応もいいかんじだ。その日・・・の午後のこと。

ストーリー性を感じることがないこの国の幼児教育の中にそれを盛り込んでいくことは難しいのだが、たまたま私がもっていた「3匹のこぶた」の絵本を見た園長が、「この話を簡潔にまとめた掲示的な教材は作れないかな?」という意見を私に投げかけてきた。

そこで一緒に園長と話し合いながら他の教諭も交えて作成にとりかかる。

今日は、園長が「やりたいこと」を私に投げかけてきてくれたことがうれしかった。

なんとなく、私がこうしたらもっとよくなるよ!ということを発信していくことが多かったけど、やっと少しずつカンボジアの先生たちがこうしたい、これをやってみたいという意見が出てくるようになった。そういう声にこたえていきたいと思う。そして、もっともっとそういう声が出てくるようにしていきたい!!

Dscf4171

| | コメント (6) | トラックバック (0)

263日目 村の学校へ。

3・11(THU) この日はスロックスラエ(田舎)の学校へ行き、子どもたちといっぱい遊んできた。この村は、農村部の中でも特に貧しい地域だそうだ。

田舎の学校には名前がない。校舎には壁もないし、屋根も藁ぶき屋根で、雨季は雨をしのぐことも難しい造りだった。

この地域に住む人たちはすべて自給自足で生活をしている。電気なし。水は何キロも離れた井戸から汲んでくるそうだ。子どもたちが住んでいる家は、ほとんどが屋根と柱のみで壁も戸もなく、見た目は6畳ほどの広さの家に10人近くの家族が住んでいるということだった。家具もないし、蚊帳さえもない。マラリアで亡くなる人も多いんだとか。

なぜ今回訪問することになったのか?というと、仲良くなった隣の村の小学校の先生に一緒に手伝ってくれないか?と誘いを受けたからだ。

今回初めて訪問し、実際にその空間を自分の目で見て子どもたちと触れ合った。

各家庭を訪問し、生活の様子をうかがうこともできた。

この地域にはもともと学校はひとつもなかったのだが、1年前にドイツの支援でこの学校(と呼べる建物なのだろうか・・・?)ができたそうだ。

クラチェ中心部から北へ車で30分の村。

5歳児~たぶん3・4年生くらいまでの子がひとつのクラスになっている。

発達年齢に応じた指導はとてもできたもんじゃない。

この日は私が作っていった教材で一緒に勉強したり体を動かしたりして一緒に遊んだが、

自分の活動先との環境の違いに、なんともいえない気持ちになってしまった。

他の国の幼稚園や小学校の話を聞いたり写真を見たりしていると、自分の活動先の幼稚園の環境の悪さがすごく気になっていたが、農村部は本当に学校と呼べる環境ではないし、同じ国の中でもこんなにも異なるのかと考えさせられる一日だった。

何にもないし、恵まれた環境でないが、あの村の子どもたちはすごくたくましくて、私のほうがパワーをもらった。

頻繁に通える場所ではないが、小学校の先生と一緒に定期的に通い続けたい。

あの子たちからパワーをもらうお返しが私にもできるだろうか。

Dscf4861

Dscf4871_2

Dscf4876_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

259日目 手紙。

ついに!!

ウガンダに2通目の手紙が届いた。

今まで何通と出しているうちの2通。よかったぁ。

郵便局のおじさんもにこにこ。

Dscf2210_2

電話で話したり、メールができたりと便利な今。

でも手紙でしか味わうことのできないものもある。

それは手紙を手にした人しか感じられないこと、なんというか言葉では表せられない感じだ。

ウガンダに届いたと同時に、ウガンダからカンボジアにも届いて、またまたうれしさup☆

こうやってつながっている、離れていても。

また届きますように・・・。

このうれしさを誰かに言いたくて言いたくてしょうがなくて、ここに書いてしまったむぅなのでした^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)

259日目 あぬさーわりー。

活動先の幼稚園の先生たちが、“anniversary:記念日”

(クメール語では「あぬさーわりー:記念」)だからと、

パーティーを開いてくれた。

普段から、いろいろ腹が立つことも多いし、理不尽なことも多いし、私はなんでがんばっているのだろう?と思うことも多いけれど、

こうやって私のためにみんなで何かをしてくれる姿を見ると、そういうキモチはどこかに飛んでいってしまうものだ。

そして、何より人々の心が温かい。

4時間かけてみんなで食事の準備をした。私は魚担当!!私が普段から魚が好きなことをみんな知っているからね。というか基本的に私は肉は全く買わず、魚くんから栄養を得ているのだ☆

Dscf4765

幼稚園の先生たち、その旦那さんや子どもたち、教育局職員、幼稚園の隣の家の人など

が集まって、たくさん食べ、たくさん飲み、あっという間に夕方。

私は日本食?として、なすと挽き肉の味噌炒め、きゅうりの漬物、なんちゃって巻き寿司、蒸しぱんを持っていった。巻き寿司は不評だったが、それ以外はCambodia人の口にも合うみたい。

Dscf4781

Dscf4785 Dscf4787

人間関係が良好だと、活動もうまくいくはず。

わりきる部分、訴えなければならない部分のバランスをうまくとり、がんばって活動していこう。

今度はどんな日本食をみんなに食べてもらおうかな?(あっ!!料理もがんばらねばいけないむぅなのでした・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

258日目 味噌汁。

味噌汁っておいしい。

やっぱり私は日本人。

首都でしか手に入らない味噌。購入して、味噌汁を作ってみた。

あ~おいしい!でもやっぱり赤味噌だな、東海人は!!赤味噌食べたいぃぃぃぃぃ!

Dscf4699

ちなみにごはんは干物の魚を入れて炊いたもの。

魚から味が染み込んでおいしい。

最近は鍋でごはんを炊くのも悪くないなぁと思う。

たまにめんどくさいと思うときもあるけど。。。

おいしくて簡単なレシピお待ちしております☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

256日目 家に帰るまで10時間半?

体調を崩し、少し前、療養のため首都に上がっていた。

もう今はばっちり回復し、元気元気。

その時の帰り道の話。

首都から任地クラチェに帰るときに乗ったトゥーリー。

Dscf4659

今日は運が悪かったのだ。(いつもはそんなことないよ)

故障して3回も止まるし、

途中で検問している警察とトラブルになりお金を払う払わないで長引き、

その次はパンクしてタイヤごと交換。

その時点でもう夜8時。

いつ家に帰れるのか。。。

夜は暗いし、スピードも落ちるし、時間を要する。

クラチェに着いたのは夜10時半を過ぎていた。

バスで片道7時間の道のりが今回は10時間半???

いつもこんな目にあわないのだが、今回はハラハラだった。

他の乗客もイライラしていたのがよくわかった。

運転手や車をしっかりと選ぶことができるのならまた違うのだろうけど、

たくさんある車の中でも、人数のそろった車から発車するのだから、そんなうまい具合にいかないのだ。

でも無事に帰ってこれたのだからよしとするか。というかんじ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

253日目 きゅうりとジャックフルーツ。

毎週木曜日か日曜日は「自転車でお出かけ日」。

今回は、クラチェ州北部方面(自転車で片道1時間)に目的地を設定。

牛の糞に注意・・・。

Dscf4385

道の脇では、こんなかわいい応援者が。

Dscf4388

Dscf4574

きゅうり農家のおじちゃんとおばちゃんに会って

「きゅうりの上に寝てもいい?」と聞くと答えはOK♪

大量のきゅうりの上に寝転んでみた!!

いつまでたっても大人になりきれていない・・・。きもちよかった~背中は痛かったけど。

Dscf4393

帰り道に私の大好きなジャックフルーツの木を発見!!

Dscf4395

思いきってその家の人に、「ひとつちょうだい」と声をかけてみる。

市場では1つ(10kgサイズで)5$するのだが、直買いだから?タダでいいよって言ってくれたけどそれは申し訳ないので、1$で分けてもらった。すみません・・・。

大きいし、中身たっぷりだから何日かけて食べようかな~。

Cambodiaにいるあいだにたくさん食べておこっと。

Dscf4695

| | コメント (8) | トラックバック (0)

249日目 髪の毛の記録。

会う人会う人に髪の毛すごいね!と言われる私の髪の毛。

それだけ髪の毛をかわいがってもらえて、私の髪の毛は幸せだと思う・・・笑

Cambodiaに来る前にも「切ったら?」と、あたたかいお言葉をいただいたのですが、

今まで伸ばしてきたため、暑い国に行くというダケで切ってしまうのはもったいない!!

ということで、順調に伸ばしているのだ、毎日。

~今日はカンボジアに来てからのむぅヘアについてのreportをお送りいたします~

◆2009.4~6(派遣前訓練時代:二本松訓練所)

Ntc1

◆2009.6(Cambodia到着)

61

◆2009.7(1ヶ月経過)

71

◆2009.8(2ヶ月経過)

81

◆2009.9(3ヶ月経過)

91

◆2009.10(4ヶ月経過)

101

◆2009.11(5ヶ月経過)

111

◆2009.12(6ヶ月経過)

121

◆2010.1(7ヶ月経過)

11

◆2010.2(8ヶ月経過)

21

◆おまけ①(編みこみしたらこうなる)

Imgp3575_21

◆おまけ②(ストレートにしたらこうなる)

首都に行ったときに、伸ばしてもらった髪。

もちろん薬はつけていなくてただアイロンで伸ばすだけなので、その日only。

ちなみに、1$=約100円でできるよー!

Omake_21

これからも暑さに負ケズ、伸びていくのだ!!

帰国時をお楽しみに♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »