677日目 セッカーサラー(幼稚園教諭対象講習会)

以前、クラチェの教育局での話を少し書いたんだけど、
あれから州教育局と市教育事務所と話し合いをして、
2011年3月から毎週木曜日に講習会を開催することになった。

自分の職場クロン幼稚園を犠牲にしたくないとかいろんな思いがあったけど、
うまく時間も調節してもらえ、クロン幼稚園を会場にして行うことに。


今回の講習会の中で、やりはじめていいなぁって思っていることは、
私が技術移転してきたクロン幼稚園の先生が自分たちの手で、
今度は他園の先生たちに教えているということ。
日本人からカンボジア人へ、カンボジア人からカンボジア人へ・・・伝わっていく。
私が1年10カ月クラチェで活動してきたことは、無駄ではなかった、
少しは伝わっているんだ!!とうちの幼稚園の先生を見ていて、
そう感じる。
そしてカンボジア人の手でカンボジア人へ伝わっていくのって
すっごくうれしい!!
これこそとっても大切なことなんだ。

まぁ一人一人の個人差もあるし、参加者全員にこの限られた時間の中で
技術を身につけていってもらうのには無理があるけれど、
6月の帰国までの間に、参加者の先生たちに
少しでも刺激が与えられるように配慮していきたいと思っている。


でも最後に少しだけグチ。
これは、帰国の前に、カンボジアで行う帰国報告会の最後にも話そうと思っていることだけど。
この2年間活動してきて、園長先生の考える、「いいボランティア=物の支援をたくさんしてくれる人」
という考えを100%覆すことはできなかった。
赴任3カ月後にケンカした後、関係は修復したものの、今でも園長は私のことを好きじゃない。
すっごくそれが感じられる。
私の前には前任者がいて、私とは支援の方法も全く違う。
普通、後任者は前任者の活動を引き継いでいくことも要望書の中に書かれているけれど・・・。
だって私は物の支援をしにカンボジアに来たんじゃないから。
前任みたいに物の支援をしてくれない私を、園長は気に入らないだろう。
どうしても指導していく中で必要性を感じれば検討するけれど、
私は私の持っている指導方法の技術「サマタピアップ+ペチャケティ」を伝えに来ているのだから。
それを理解はしてもらえなかったなぁというのが今振り返って思うこと。

でもいいんだ。
園長に理解してもらえなくても。
私の活動のコト理解してくれている同僚がいるから。イエンもボーマーチもロンもチーターもリアップも
わかってくれている。
イエンは「いちばん大切なのはマミコが持っている技術を私たちが受け継いでいくこと。
文房具やおもちゃのような物が一番大事じゃないってこと私たちはわかっているよ」
こうやって言ってくれた。

そして、園長と同僚の先生たちも関係がうまくいっていないのも事実。
毎日のように職員室から園長が誰かの悪口を言っているのが聞こえてくる。
そして、園長と何かあった後、陰で涙を流している先生の姿も見かける。
園長先生の悪口をいいたいわけではないけど、
やっぱりちょっと難しい園長先生なので、私の配属先の幼稚園には後任は呼べなかった。
そのかわり、配属先を教育局もしくは教育事務所などにして、入ってもらうことを提案した。

あと2カ月、笑顔で頑張ろう。もうすぐ絵本「おおきなかぶ:クメール語version」の完成です☆

| | コメント (1)

551日目 ルンニティエン モンティーオブロム(教育局でのできごと)

州教育局での出来事。

27日、クラチェ州の教育局から呼ばれていたので、幼稚園での活動のあと行ってきた。
そしたら、最初は今度、他州で研修会をする際にmamikoの活動のことを紹介したいから、
活動の写真のデータをほしいとのことだった。
なるほど~そうやって他の州の幼稚園の先生たちにも刺激がいくのっておもしろいことだなぁって
思いながら話を聞いていた。そのあと、就学前教育担当のチアットが、
「mamikoもあと6ヵ月で帰国でしょ?こないだ、クロン幼稚園の教材を見た他の幼稚園の先生たちが
自分たちも同じものを作りたいし、日本人のボランティアに教えてもらいたいって言っているの。
私から配属先の園長先生にお願いをしてみるから、残りの6ヵ月で、他の幼稚園の先生たちの為にも
協力してくれないかな?」という話でした。もし教材作りのためにお金が必要だったら、
一緒に州役場にかけあってくれるとのこと。
ちょっと興味深いなぁと思いながら、でも私の活動先はクロン幼稚園であるから・・・
自分の活動が認められたうれしさと、でもあと6ヵ月どう過ごしていこうかという迷いと。。。今考えているのです。

| | コメント (4)

510日目 サンペアリアサクサーモッピーチャポン(日本からの寄付品)

私の母校のN中学校からクロン幼稚園のために、いろんなものを寄付して
もらいました。(鉛筆、クーピー、レゴブロック、積み木、算数セット、ままごと)
きっかけは、父が中学校で地域コーディネーターとして働いて
いることがあって、生徒会活動のひとつとして取り組むことになりました。
物をもらえること(援助してもらうこと)に関して当たり前だと思っている
カンボジア人。だから、寄付してもらうことって、どうなんだろう?って
自分の中でいろいろ考えました。
でも、今回のこの活動を通して、日本の中学生にとっても「カンボジア」という
国のことを知ってもらい、カンボジアのために・・・と動いてもらえたことは、
私にしかできない国際協力の形なのかなとも思いました。
日本からカンボジアに物が届いて、幼稚園の子どもたちが遊び始め、その表情は
とってもにこにこ。援助されることを当たり前だと感じず、大切に使っていくよう、
しっかり見守っていこうと思います。


Img_2134


Img_2148


Img_2006


| | コメント (0) | トラックバック (0)

510日目 タックチュラウン(浸水)


Img_1872


Img_1871

雨季のクロン幼稚園は、水に浸かってしまう。
この写真はまだ水位がマシなほう。ひどい時はひざまでだから・・・。
教室の中に入れず、園庭で授業をせざるを得ない。
ちょっと前に書いた園庭の整備のコト。土を入れて、少しは状況が変わったんだ
けど、やっぱり道路より低い位置に園舎があるから、難しいみたい。
でも、またミーティングを重ねて、新しい教室が建てられる?らしい。
(私のクメール語の聞き取りが間違っていなければ・・・。)
そしたら、環境のことを気にせず、授業のほうに力を入れられるかな。
少しずつ、前に進んでいけばそれでいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

384日目 うんどうあそび⑪~⑱

うんどうかいでやった、「うんどうあそび」も含め
今回もうんどうあそびシリーズです!!

その⑪:玉入れ
Dscf0546


Dscf0340_2


その⑫:大型パズル~何ができるかな?~
「5歳児はパズル、4歳児は同じもの探し」

Dscf0415


Sany0170


Dscf0589

その⑬:しっぽとり競争


Dscf0325


その⑭:ボール運ぼう!!


Dscf0386

その⑮:おもいっきり、かけっこ

Dscf0402

その⑯:この動物はどこにいるかな?(3歳児)

Dscn3618


その⑰:障害物競争(あみくぐり、輪くぐり)


Img_0845

Dscf0723


その⑱:~になりきって進もう!(+リズム表現)
ex:ウサギ・アヒル・かえる・飛行機・モトバイク・・・。


Dscf0611

もうすぐ雨季休み(日本の夏休みのようなかんじです)
その休みの間にも、普段できないことにチャレンジ?したり・・・
大切に時間を使いたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

384日目 うんどうかい

Dscf0263

少し?upするのが遅くなってしまったけれど、
今回は運動会開催について。

カンボジアの幼稚園では、「運動会」がありません。
それが当たり前だし、カンボジアの先生たちもそれで満足しています。

でも、私がカンボジアに来てからクロン幼稚園で特に力を入れている「運動遊び」。

毎日の幼稚園生活の中で、やっと運動遊びが取り入れられ、定着してきたことの
延長線上として、運動会開催を決めました。

園長先生を含め、先生たちに提案してみると、「やってみたい、でもできるかな?」
という答え。
確かにカンボジアは日本と気候が違うし、遊具だって揃っているわけではありません。
そして初めての試み。先生たちも幼稚園児の運動会を見たことがない!!

200人園児がいること、5歳児が120人、そして園庭は狭い・・・
などの理由から、学年別に行いました。(3日間に分けて、3歳児・4歳児・5歳児)

うまくいかないことも多かったけれど、一番うれしかったのは、今回運動会を行うために、先生たちが協力して準備をしたり、運動遊びにさらに興味を持ってくれたりしたことです。

そして、滅多にない企画?ということもあって、園児の保護者も興味深々で、運動会を見に来てくれました。

日本と違うことがいっぱい。だから同じようには教育できない。でも、それでも日本の教育から活かすことができる部分もあるのだなぁと思いました。

いちばん子どもがはりきってやっていた遊びは「玉入れ」!!
先生たちみんなでひとつひとつ縫いました。

運動遊びを継続させながら、来年ももう一度開催したいなぁ。

Dscf0293


Dscf0340


| | コメント (2) | トラックバック (0)

370日目 Change 園庭!!

私がいるクロン幼稚園の園庭は道路より低いため、雨季には浸水。→休園。

ひざくらいまで水に浸かってしまうことがよくあります・・・。


クラチェに来て、そんな園環境を知り、なんとか整備できないものだろうか?

・・・という思いでした。

2009・7月 園長先生に、園の予算でなんとかならないのか話をしてみる。
        あっさり無理だと返される。
        でも、園には予算があるでしょ?と訴える。
        そんなに言うなら、mamikoがJICAにたのんで!との答え。


  機会を見て、園長に何度も話を切り出すが、何も状況は変わらない・・・


2009・8月~9月 幼稚園雨季休みのため、オフ。
            州教育局就学前課へ行き、園の浸水が改善できないか話をする。
            予算がないから難しいとの答え。
            でも、ここでひとつ気付いたことは、
            園長-「無理」
            教育局-「難しい」 教育局としては、「無理」ではなく「難しい」なので
            あきらめないぞぉぉぉっと思ったわけです。

2009・10月    カンボジアのおやつを屋台で食べていた時、
            隣に座った人がたまたま、州役場職員。
            ここで知り合い、翌日役場へ行き、役場職員に、
            クロン幼稚園の園整備の話をする。
            すると、よくみると職員の中に園児の父親がいた!
            園が水に浸かるという現状はよくないと共通理解。
            予算が組めれば、なんとかしたいという職員の答えが!!

            やったー!!!

2009・11月~   しか~し、
2010・1月     お金がないから、無理だ~
                     忙しいからミーティングはできないね~
            カンボジア人お得意の
            「クニョムロボル(忙しい!)」の一言で片づけられ・・・
             


2010・2~3月   教育局と役場に週1回は顔を出し、しつこく
            「あの話はどうなった?」
            と訴える。

2010・4月     カンボジアのお正月。

2010・5月     ついに、園庭に土を入れて整備することが前向きに
            検討され、ミーティングが開かれた
            何度もミーティングをする

2010・6月     ようやく園整備が決定!!園庭に土を入れる!!
            整備完了。
            現在、資金を集め中(保護者や近所の人から・・・)


雨季における浸水をなんとかしたいと思って実際にそれが実現するまで約10か月。
長かったけど、やっぱり自分が正しいとかこうしたいとかって思ったことは
簡単にあきらめちゃダメだってあらためて思いました。


これでもう浸水することはなくなりました!!
・・・でもまだまだカダイはたくさんです。。。


Dscf0613


Dscf0615

Dscf0945


Dscf0958


| | コメント (0) | トラックバック (0)

370日目 うんどうあそび⑧・⑨・⑩

まだまだ、つづくよー!!

その⑧:みんなで力を合わせて、走ろう!!
Dscf4819

その⑨:ひっこし鬼
形バージョン、色バージョン、文字バージョンで方法を変えながら遊んでみました!!
Dscf6182

その⑩:でこぼこ岩(丸太バージョン!!)
ジャックフルーツの木を使って、園庭にこんな遊具を作りました。
(遊具と言えるのかな・・・?)

Dscf0153


Dscf0158


Dscf0171_2

体を動かすことは、楽しい!! 
子どもが大好きなこと。
そして、その中で育つ力はいっぱいある。
次回は、継続してきたうんどうあそびの延長線上として企画した
「運動会」についても、アップしま~すヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

370日目 うんどうあそび④・⑤・⑥・⑦

今回は私がこの1年間、
保育の中で重点をおいて取り組んでいる
「うんどうあそび」特集です☆


ずーーーーーっとアップしていなかった分も、まとめてアップしちゃいます!!

その④:椰子の実のでこぼこ岩
Dscf8256

その⑤:木のぼり(胡桃の木)
Dscf4652

その⑥:お米の袋に入ってぴょんぴょん!!
Dscf0010

その⑦:新聞紙となかよし~!!
Dscf4315


つづく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

355日目 うんどうあそび③

Dscf0330_2


幼稚園で缶ぽっくり浸透中!!

私が大好きだった缶ぽっくり。小さい頃、よく遊びました。

クロン幼稚園でも、空き缶(コンデンスミルク)を利用して先生たちと挑戦!!

カンボジアではコーヒーの中にたっぷりコンデンスミルク入れるし、ボンアエムっていうかきごおりの中にもたっぷり入れるから、コンデンスミルクの空き缶がいっぱい。そこで、何かに使えないかなぁと考えた結果、私が思いついたのは缶ぽっくり遊びでした。

缶缶切りを使って上部を取り除き、洗い、そのあとは釘で穴をあける。
細めのロープを通してできあがり。

特に4歳児の子どもたちに人気の遊びとなりました。
へこむまで、たくさんあそんでほしいな~!!

Sany0106


Dscf0329

| | コメント (5) | トラックバック (0)