677日目 カーン チュォップクニア ユーハウイ(ひさしぶり!!)

3月の東北の地震の知らせを聞いてから、やっぱりどんよりしたキモチで
メールをしたり、ブログをupしたりとか・・・なんかできなかった。
自粛していたわけでもないんだけど、
そういうキモチになれないというか。

母が日本の新聞を送ってくれて、紙面の写真を見て
「これが日本なの?」って信じられなかったなぁ。

今回の地震で、地震に縁のないカンボジア人と一緒に、
地震の被害のこととか話しあったり考えたりしてみた。
話し合ったからって別に何か変わるのかって言われたら
何も答えは返せないけど。
でも、カンボジア人に何か伝えたかった。
だって毎日のように心配してくれ、
私の家族が大丈夫だってわかったら
涙も流してくれたカンボジア人。

だから何か伝えたかったんだ。

周りのカンボジア人は日本の被災地の人に向けたメッセージを書いてくれたので、
それをいろんな形で、いろんなところを通じて届けることができたらと思う。
自分にできることは協力したり、取り組んでいったりしたい。


また、軽水炉と高速増殖炉くらいの言葉しか知らなかった私だけど、
やっぱり福島の原発の問題もあって、いろんな人と話す中で、
少し原発のことも調べてみようと思った。

日本国民ひとりひとりが向き合うべき問題だから。

やっぱりこれからも日本には原発は必要やと思うけど、高速増殖炉の危険性を考えたら、
もんじゅのコトも「う~ん・・・」とも思うし、
原子力がないとダメだと考えるのではなく、
原発に変わる何かを考えていくダケでも違うのかなとか思った。


なかなかブログを書けずにいたんだけど、
また再開しようと思います。

カンボジア生活はあと2カ月をきっちゃったけど、
日本に帰ってからも書いていくハズなので、
みなさん、よろしくおねがいします(^-^)


| | コメント (0)

521日 サオスダイ(残念)

むぅのひとりごとです。

今日は本当にショックなことがあった。
でも、しょうがないことだともわかっている。
それでも理解しないといけないのに、理解できないというか
受け入れたくないって思ってしまう。
誰かに簡単に話せることでもなく、
しばらくは自分の中で整理しないとイケナイ問題かな。

座ろうと思った椅子がないかんじ。
なんか、胸をぎゅっと掴まれて、息苦しいかんじ。
なんとも表現しがたいこの感情・・・。

もし日本にいたら、辛かったらすぐに話せる相手もいるし、
おいしいものだってすぐに食べれるし・・・って思うけど、
私の家のすぐ前の川へ行って、
カンボジアのきれいな星空を見たら、ちょっと落ち着いた。

誰でも乗り越えなくてはならないことがある。
今はそういう時期。
ここが、むぅの頑張りどころです、きっと。

自分のキモチに負けないぞぉ~!!

| | コメント (0)

510日目 プニャータウサンボット(手紙を出すin Vietnam)

日本からの帰り、ベトナムに寄ったので、せっかくだから、ホーチミンの
中央郵便局で手紙を出してきたんだ。
そう、忘れるといけないから、その夜の話も
書いておこうっと。
11月3日の夜、23:30にホーチミン空港に到着。もう遅いから空港で仮眠するつもり
だったのに、場所を見つけてよし寝ようっとしたら、空港から追い出された。
仕方ないから、ホーチミンの中心部までtaxiで行ったんだけど、これがまた、
運転手が英語通じなくて、めっちゃ大変だった。
最初に連れてってくれたホテルは35$。ぜったい高すぎるからって、なんとかもう
少し安いゲストハウスへって伝え、また移動。でもそこのGHも25$。もういいよって
Taxiを降りて自分で探し始めた。でもその時点で12時半過ぎで、けっこう怖かったん
だよね。やっと夜中の2時に15$のところを見つけ、check in。でも、閉まっていた門を
ドンドン鳴らして、開けてもらったからちょっと気の毒だったけど。それで15$で我慢し、
一晩寝たというわけ。何もなくてよかった~(汗)
本題は、手紙。
ホーチミンって首都じゃないのに、プノンペンに比べて郵便局の規模が大きくて
びっくり。やっぱり隣の国だけど、ベトナムってすごいや。
カンボジアからウガンダはいつも届かないから、
いつもは日本経由。
今回はベトナムから出したから、きっと届くはず。
無事に、届きますように・・・。
Img_2571


Img_2572


| | コメント (2) | トラックバック (0)

259日目 手紙。

ついに!!

ウガンダに2通目の手紙が届いた。

今まで何通と出しているうちの2通。よかったぁ。

郵便局のおじさんもにこにこ。

Dscf2210_2

電話で話したり、メールができたりと便利な今。

でも手紙でしか味わうことのできないものもある。

それは手紙を手にした人しか感じられないこと、なんというか言葉では表せられない感じだ。

ウガンダに届いたと同時に、ウガンダからカンボジアにも届いて、またまたうれしさup☆

こうやってつながっている、離れていても。

また届きますように・・・。

このうれしさを誰かに言いたくて言いたくてしょうがなくて、ここに書いてしまったむぅなのでした^^

| | コメント (6) | トラックバック (0)